- - Diary & Essay with pics - -

コメントを書き込むには、各タイトル右の“コメント”をクリックして下さい。(削除も可能)
画像をクリックすると別のウインドーで大きく表示されます。(一部除く)


Happyプッチンプリン  2009/04/15(水)
調子に乗ってるヒヨドリといつものトレーニング  2009/04/14(火)
伊豆 城ヶ埼海岸へサイクリング  2009/04/13(月)
ビンディングシューズとシューズカバー  2009/04/11(土)
横浜ランドマークタワー展望フロア  2009/04/10(金)
Nostalgic 2 Days 2009 in横浜  2009/04/08(水)
真鶴半島サイクリング(普通のサイクリング)  2009/04/08(水)
昼過ぎサイクリング(タイムトライアル)  2009/04/03(金)
レコードプレーヤー DENON DP6000  2009/04/02(木)
猫用ヘルメット  2009/03/30(月)


Happyプッチンプリン


画像1枚目:Happyプッチンプリンをクリオ様に奉納
画像2枚目:Happyプッチンプリンをユキ様にも奉納


でかいプッチンプリンをいただいた。
上側の直径8.8cm、底の直径6.7cm、高さ9.0cmで、重さが400g。
(ちなみに、これよりも下の(だが大きい)Bigプッチンプリンで170g、
レギュラーサイズは105g、3個パックは1個75g とのことである。)
カロリーも568kcalと、下手な食事に近い。

珍しいので、食べる前にお猫様達(クリオとユキ)に奉納。

なんか、いやそう…。( ̄ー ̄;

あんまり興味ないようだ。
つか、ちょっと迷惑そうだし。( ̄ー ̄;;




<4月15日(水)のトレーニング、3本ローラーの記録>
腕立て伏せ :200回  
走行時間:30分08秒、走行距離:28.80km
瞬間最高速度 :95.4km/h -Fr53t×Rr12t (Best:95.4km/h 本日更新)
平均速度 :57.4km/h (Best:59.9km/h)
最高ケイデンス :215rpm -Fr38t×Rr27t (Best:223rpm)
平均ケイデンス :103rpm (Best:107rpm)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 57.8:kg, 体脂肪率 :10.9%
          BMI :19.5kg/, 肥満度 :-11.4%

今日は良く汗が出た。暖かいということだ。
こういう日は記録も期待できる。
で、瞬間最高速度の記録更新となった。
といっても、ほんの0.1km/hだが。
それでも、こういうのは励みになる。^ー^
心配していた(1日おいての)筋肉痛もほとんど出なかった。
明日出たりして…。( ̄ー ̄;; トシダシナ
Date: 2009/04/15(水) No.1087
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


調子に乗ってるヒヨドリといつものトレーニング


画像1枚目、2枚目:モモの花を荒らすヒヨドリ
画像3枚目、4枚目:何だかわからない木の実を食べるヒヨドリ


うちは野鳥がよく来るのだが、中でもヒヨドリが多い。
以前の日記にも書いたが、やつらのうるさいこと。
ヒーヨ!ヒヨヒヨヒーヨ!!ヒィー!!
ヒヨヒヨというより、ギャーギャーという感じに近い。
群れになってやってきて、調子に乗ってギャーギャー騒ぎまくる。

上の3枚目と4枚目の写真は、うちのフェンスのところに生えてきた正体不明の
木になった実を食べるヒヨドリ。(これは何の木なんだろう?)
調子に乗って鳴きまくっている表情がうまいこと撮れた。

こいつら、うるさいし、いっぱいいるんで全然珍しくもないし…
なのだが、やっぱ、野鳥が自分ちのそばに来てくれると嬉しい。^ー^



<4月14日(火)のトレーニング、3本ローラーの記録>
腕立て伏せ :200回  
走行時間:30分09秒、走行距離:28.17km
瞬間最高速度 :93.2km/h -Fr53t×Rr12t (Best:95.3km/h)
平均速度 :56.1km/h (Best:59.9km/h)
最高ケイデンス :213rpm -Fr38t×Rr27t (Best:223rpm)
平均ケイデンス :101rpm (Best:107rpm)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 57.2:kg, 体脂肪率 :10.6%
          BMI :19.3kg/, 肥満度 :-12.3%

今日は雨降りだし、昨日たくさん走ったし、^ー^;
ということで、おとなしくいつもの室内トレーニング。
各数値は最近の平均的なもので、昨日(自分としては)
長距離を走ったにもかかわらず、筋肉痛も無く、疲れは大して
残っていないのは意外だったが、それがそうだからといって
何かしら向上しているわけでもなかった。

Date: 2009/04/14(火) No.1086
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


伊豆 城ヶ埼海岸へサイクリング


画像1枚目:灯台を見上げて
画像2枚目〜4枚目:つり橋の上で


天気予報によると今週は今日しかいいお天気の日がなさそうで、
来週以降はもしかしたら忙しくなるかもしれないので、
今日、前から自転車で行きたいと思っていた伊豆の城ヶ埼海岸へ
行ってみた。もちろんサイクリングである。

Google map上の距離は75.7km(片道)。今までで最も長距離だ。
このコースは基本的に海岸線沿いなのだが、坂も多い。
天気がいいと、たくさんの絶景ポイントが楽しめる。

朝10時ころ出発。
国府津駅前まで18分。
小田原駅付近まで30分。
真鶴駅前まで1時間6分。
坂を超えて湯河原。
また坂を越えて伊豆山温泉、
そこを過ぎれば熱海。
お宮の松、サンビーチを横目に通り過ぎる。
また坂をいくつか越えて、トンネルをいくつか超えて
伊豆多賀、網代、宇佐美を過ぎる。
以前の日記に書いたサンハトヤホテルを過ぎ、
伊東道の駅マリンタウンまで2時間8分。
結構いいペースだ。

ゴルフコースでも有名な川奈ホテル方面への分岐を過ぎ、
しばらく海岸線を離れて伊豆高原のふもとを走る。
ここも延々と坂が続く。

小室山、大室山、シャボテン公園、伊豆スカイライン…
いろんな所へ向かう分岐の案内が出る。
このあたりまで来ると、道路の案内に下田へ40数キロと表示が。
うーむ、あと40数キロ走れば下田か。
案外射程内かも…。などと無謀な考えがよぎる。( ̄ー ̄;;

まぁ、それは今は忘れて、いや頭の片すみに追いやって、
城ヶ埼海岸への分岐を目指す。
ようやく城ヶ埼海岸へ向かう交差点の案内が出る。
ああ、ようやく来た…。
少しばかり感慨にひたりながら走り続ける。
早く到着した気持ちを抑えつつ、いくつかの案内板を撮影。
こういうのはあとで楽しめるから。

ようやく見覚えのあるヤシの並木が見えた。
ああ、こんなんだったな、そういえば…。懐かしい。

灯台のふもとについて、自転車を立てかけて撮影。
これだけ見ると、この建物が灯台なんだか何なんだか、
全然わからない。^ー^;
なので、わかるようにも撮った。

そのあと、自転車をひいて強引につり橋に。
もちろん、こんなことしてるのは私だけだった。( ̄ー ̄;;
でも、平日ということもあり、観光客の絶対数が少ないし、
みなさん特に奇異の目では見ていない…、
というか、あんまり気にしていないようだった。

ということで、調子に乗ってつり橋の上で、撮影。
我ながらバカみたいだなと思う。( ̄ー ̄;;

おなじみの断崖では火曜サスペンスのイメージで撮影している
カップルや家族連れが何組かいた。やっぱ、撮りたくなりますな。


帰りの途中まではいいペースだったのだが、
走行距離が110kmを超えたあたりで疲れが出てきて、
坂道の途中で両脚の腿の前側の筋肉がつり始める。
ヤバイ。こんなところがつるのは初めてだ。
今の自分の能力ではこのあたりが限界っぽいということか…。
その後、ペダリングの力の入れ方を変え、
ギヤセットもインナーを使って(それまでほとんど使っていなかった)、
ケイデンスを上げつつペース(スピード)を抑えて回復につとめる。
信号待ちの時に飲み物を飲んだり小休憩を入れるのだが、
力があまり出ない。
お尻も痛くなってきた。4〜5時間も乗ってれば痛くもなるか。
まずいなぁと思いながら走り続けていると、さいわいなことに
徐々に回復してきて、真鶴のあたりではそこそこスピードが
出せるようになった。
だが安心はできない。
一度つりかけた足は負荷がかかるとまたつる可能性が高い。
特に最後の激坂は、走り切れるかどうか、全くわからない。
不安だ。

小田原市内に入ると、もう随分うちの近くまで帰ってきたような
気がしたが、交通量が多く信号のたびに小さな渋滞が起きて、
とても走りづらい。このコースはここが無ければいいんだが…。

その走りにくい小田原を抜けて国道1号線を走り続け、
ようやく二宮に。最後の難関の激坂もなんとかインナーローで
走り切れた。良かった。
帰路の途中でのペースダウンが響き、平均速度は25.0km/h。
以前、伊東まで行った時と全く同じ。
これが私の実力ということなのだな…。

走ってきてちょっと驚いたのは発汗量。いっぱい汗をかいたようだ。
走行前と走行後に計った体重は、58.2kgと56.6kgで、1.6kgほど
減っていた。これだけ見ると、ふぅん、そんなもんかと思うのだが…、
走行中に飲んだ飲み物は、700mlのドリンク(自転車に携行)、
350mLのコーラ(城ヶ埼の灯台のたもとの自販機で)、
350mLファンタグレープ(帰りの熱海と湯河原の間の自販機で)、
トータルで1.5リットル程度飲んだことになり、ということは…、
ちょっと考えにくいが3kgくらいも汗をかいたということになる。
うーん、すごいな、この量は。
確かに帰ってきてシャワーを浴びる時に顔を洗う時、
いい感じにしょっぱい味がした。( ̄ー ̄;;




<4月13日(月)のサイクリング(伊豆 城ヶ崎海岸)の記録>
10時00分頃出発
走行時間:6時間05分00秒
走行距離:152.18km
瞬間最高速度 :61.7km/h
平均速度 :25.0km/h
最高ケイデンス :307rpm (←明らかな誤計測)
平均ケイデンス :70rpm
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 56.6:kg, 体脂肪率 :9.7%
          BMI :19.1kg/, 肥満度 :-13.2%

Date: 2009/04/13(月) No.1085
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


ビンディングシューズとシューズカバー


画像1枚目:VITTORIA MSG (ビンディングシューズ)
画像2枚目:カンパニョーロ シューズカバー
画像3枚目:シューズとシューズカバー(左足外側)
画像4枚目:シューズとシューズカバー(左足内側)


私のロードバイク(自転車)ペダルはLOOKのKEO SPRINTで、
これのスプリングに加工を施し、軽い力で着脱が出来るように
してある。このことは以前の日記に書いた。


2008年6月25日の日記
タイトル:自転車日記:ビンディングペダル LOOK Keo Sprint
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=849209211&owner_id=225092


シューズはVITTORIAのMSGというもの。
タイヤのブランドで同じ名前のところがある(偶然それを私は
使っている)が、それとは別の会社らしい。ロゴが違うんで。

値段が手ごろで見た目の気に入ったもの…ということで
これにしたのだが、早朝T.T.(タイムトライアル)などやっていると
通気性がいいことがたたって、指先が冷えることがある。
ひどいときはかじかんだり痛くなってしまうほどだ。

それで、シューズカバーを使っている。
冬用の厚手な保温効果の高いものではなくて、本当のT.T.
(私なんかが一人でやってるようなのではなく、ちゃんとした
競技のタイムトライアル)で、(ごくごくわずかだと思われるが)
空気抵抗低減のために使うのが本来の使い方だと思われる、
非常に薄手のもの。こんな透けるような薄い生地だが、これが
結構有効で重宝している。
本当に寒い時(真冬の早朝とか。暗いし。)は無理して外を
走らない私にはこれでちょうどいい。

で、見た目で選んだシューズは…、
こんなことする(シューズカバー使う)なら何でも良くないか?
ということになっているわけだ。( ̄ー ̄;;

このシューズで今まで走ってみて、ソールの剛性に不満を感じる
ようになった。やっぱりカーボンソールは(高価だが)それなりに
ちゃんと意味があるものなんだろうなと思えてきて、ちょっと欲しい。
具体的な製品でいえば、adidasのadistarあたりがカッコ良くて
好きだったが、すでに撤退してしまった。今なら(そのadidasの
製品を作っていたところがブランドを変えて作っている)MAVICの
Zxelliumなんかが見た目が似てていいと思うのだが…、
いくらなんでもシューズの値段としてあれは高すぎると思う。
でも、いいなぁ…。
ソールの剛性が高くて、フィットして軽くて、しかも見た目が良くて…。
               (↑どうせカバーするのに… ( ̄ー ̄;; )





<4月11日(土)のサイクリング(T.T.)の記録>
5時37分頃出発
走行時間:1時間16分58秒 (Best:1時間15分52秒 )
走行距離:33.72km
瞬間最高速度 :62.0km/h (Best:64.8km/h)
平均速度 :26.3km/h (Best:26.7km/h)
最高ケイデンス :186rpm (Best:--pm)
平均ケイデンス :80rpm (Best:80rpm 本日更新)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 57.2:kg, 体脂肪率 :12.1%
          BMI :19.3kg/, 肥満度 :-12.7%

前回、4月3日(金)の午後に行った時の記録が、交通量等の
条件が良くなかった(軽い渋滞などがあった)にもかかわらず、
案外良かったので、期待しつつ今日はいつもの早朝に出発した。
今は5時半頃に日の出を迎えるので、明るくていい。
それはいいのだが…、思ったような記録は出なかった。
この時間帯、渋滞は無いし、いくつかある信号も割とスムーズに
通過できたのだが、肝心の平地巡航スピードが上がらない。
あれれ?なんかおかしいな…と思いながらがんばってみるが
やはりほとんどスピードアップできない。苦しい…。やはり、
気温が高い方が力が出しやすいようだ。今までの記録から
雰囲気的には20℃〜25℃くらいが一番良さそうな気がする。

Date: 2009/04/11(土) No.1084
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


横浜ランドマークタワー展望フロア


画像1枚目:69階 展望フロアからの眺め
画像2枚目:     同じく
画像3枚目:     同じく
画像4枚目:これはエレベータの中。動いている最中は照明を暗くして、
        こんなロマンチック(?)な雰囲気。


前の日記で書いた Nostalgic 2 Days (ノスタルジック2デイズ)に
行った時の帰りに寄ってみた。

高くてクラクラしますな。
そばにあるそれなりに高いビルもみんな見下ろして、
屋上のヘリポートとか見えておもしろい。

ただ、ここは景色がいいのはいいのだが、
専用エレベータへのアクセスが妙なことになっていて、
まぁ、行きにくい。
人に聞かないとたどりつけないようなことになっているのはどうかと思う。
乗るだけで結構な料金とるし…。

といいながら、行けば行ったで、十分楽しめた。
やっぱりいい景色だった。(^ー^)ノ





<4月9日(木)のトレーニング、3本ローラーの記録>
腕立て伏せ :200回  
走行時間:30分08秒、走行距離:28.34km
瞬間最高速度 :93.8km/h -Fr53t×Rr12t (Best:95.3km/h)
平均速度 :56.5km/h (Best:59.9km/h)
最高ケイデンス :219rpm -Fr38t×Rr27t (Best:223rpm)
平均ケイデンス :102rpm (Best:107rpm)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 57.2:kg, 体脂肪率 :12.3%
          BMI :19.3kg/, 肥満度 :-12.3%

昨日はトレーニングをお休みした。
今日は一昨日に続いて中々調子がいい。
やはり気温が高いと全般的に良くなるようだ。
Date: 2009/04/10(金) No.1083
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


Nostalgic 2 Days 2009 in横浜


画像1枚目:トヨタ2000GT後期型
画像2枚目:いすゞ117クーペ後期型
画像3枚目:トヨタ セリカ リフトバック
画像4枚目:トヨタ2000GTレプリカ


少し前のことになるが、2月28日(土)、3月1日(日)の2日間、
横浜のパシフィコ横浜というところで行われた
Nostalgic 2 Days (ノスタルジック2デイズ)
というイベントに行ってきた。

お目当ては、トヨタ2000GTレプリカ。
以前の日記に書いて、ものすごく期待していたアレだ。


2009年2月6日の日記
タイトル:トヨタ2000GTレプリカ


これまでにもいくつかこの手のものはあったが、写真で見る限り、
ぶっちぎりに出来が良さそうで、すごく期待していた。
トヨタ2000GTファンとしては期待せずにはいられないというものだ。
ワクワクしながら電車に揺られ(計算してみたら、車で行くより
安上がりなことがわかり、二宮駅前の有料駐車場に車をとめて、
電車:東海道線に乗って横浜へ。横浜で市営地下鉄に乗り換え、
みなとみらいで下車。)、一路パシフィコ横浜を目指した。

会場に辿り着くと、いきなりトヨタ2000GTのオンパレードで驚いた。
入口から何台も前期型、後期型が列になってお出迎え、である。
現物を見るのは初めてではないのだが、こんなに一度にたくさん、
しかも前期型、後期型を並べて見たのは初めてで、何というか、
憧れの女性が突然目の前にあらわれて自分に向かって微笑んで
くれているような感覚に襲われ、しどろもどろというか、ドギマギというか、
とにかく変に興奮した。^ー^;

それで、興奮しながらいっぱい見て、いっぱい写真も撮った。
やっぱりいいな、2000GTは。何ともエレガントだ。美しい。
すばらしくカッコいい。他にかえがたい…。
いろんな形容が頭の中を駆け巡る。
ああ、本物をこんなにたくさん、好きなだけ見れて幸せだ。


さて、(思いがけず)本物を堪能した後は、本来の目的、
2000GTレプリカである。
ブースをさがす。
やや落ち着きを取り戻しながらも、やはりわくわくである。
あった、ここだ。
遠目には確かに2000GTらしい美しいプロポーションが再現されている。
うむ、いいじゃないか。^ー^

だが、近づいてみると…、
レプリカの現物は、正直なところ期待はずれなものだった。
プロポーションはかなりいい線いっていると思うのだが、
作り込みという面では、やっと形にしたという感じが否めない。
いいところもあるにはあるのだが、いろんな所にアラがあって、
そうならざるをえなかった理由の多くに大体の想像がつき、
見るのがつらい…。


予定では、このレプリカを見て、帰りに近くのトヨタのディーラーに
常設展示されているらしい本物を見ていこうと思っていたのだが、
ここで本物を何台も、十分見れたので、もうその必要は無かった。
レプリカにはがっかりしたが、本物を一度にたくさん見れて、
それはとても幸せだった。
他にも懐かしい車やバイクがあって、十分楽しめた。^ー^





<4月8日(水)のトレーニング、3本ローラーの記録>
腕立て伏せ :200回  
走行時間:30分09秒、走行距離:28.10km
瞬間最高速度 :95.3km/h -Fr53t×Rr12t (Best:95.3km/h 本日更新)
平均速度 :56.0km/h (Best:59.9km/h)
最高ケイデンス :221rpm -Fr38t×Rr27t (Best:223rpm)
平均ケイデンス :101rpm (Best:107rpm)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 57.0:kg, 体脂肪率 :12.1%
          BMI :19.3kg/, 肥満度 :-12.3%

暖かくなってきたせいか、記録もいい感じだ。
今日は久しぶりに瞬間最高速度の更新ができた。
ずっと目標にしていた95km/hをようやく超えた。
以前のベスト:94.4km/hを記録したのが昨年の9月22日なので、
実に6カ月以上かかったことになる。途中、脚を痛めてトレーニングを
中断したり、季節が冬を挟んだこともあるが…、長かった。
これからも少しずつ更新出来たらいいなと思う。
慢心せず、慎重にがんばろう。

Date: 2009/04/08(水) No.1082
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


真鶴半島サイクリング(普通のサイクリング)

今日はお天気が良かったので午後からサイクリングに行った。
いつものコースでのT.T.(タイムトライアル)ではなくて、
普通のサイクリングである。

平日の昼間にサイクリングなんて…と思われそうだが、
このところ、仕事はずっとヒマだ。
海外を含めていくつかの問い合わせや、見積もり依頼はあるが、
どれも具体性に欠けたり緊急性のあまりないものばかり。
それでも、ひと頃よりはまだましで、ようやく新しい動きが
始まりつつあるようには思う。早く本格稼働してほしい。

サイクリングの行き先は真鶴半島。
お気に入りの場所だ。
程良い距離にあって、道中を含めて景色が楽しめていい。
車では何回か行っているのだが、自転車で以前行ったのは、
一昨年の12月のこと。ずいぶんご無沙汰だ。

以前同様、小田原の市街地を抜けるまでは信号が多く、
交通量も多いので、スムーズに走れない。ちょっとイライラする。
早川を過ぎて海沿いに出ると、ようやく気持ち良く走れる。
海風と潮の香り受け、信号が無い(極端に少ない)道を、
いいペースで走る。

今回は根府川から旧道に入らず、下側(海沿い)を行ってみた。
旧道よりも道幅が広く、旧道ほど曲がりくねっていなくて、
アップダウンも少なめなので、ペースを維持しやすい。

真鶴半島の先端にある、ケープ真鶴に着くと、いつもいる猫が
やっぱり今日もいた。やっぱり不細工だった。^ー^;
観光客と思しき老人たちが結構いたのだが、その中で一人の
ご婦人が携帯で写真を撮っていて、それが何とも自然に普通に
扱っていたので感心した。見たところ年齢は70歳以上か。
こういうもの(携帯とか)を敬遠せずに積極的に使って楽しんで
いるんだな、このご婦人は。

私も猫と景色を何枚か撮って、ドリンクを飲んでしばし休憩。
松の木越しに海が見えていい感じ。白い船がたくさん見えた。

そうして、5分くらいはいただろうか?
帰路について時計を見ると3時半。ちょっと急ごう。
と思いながら、お気に入りの景色がみられる場所でストップ。
真鶴漁港を見下ろすその場所で写真を撮る。

さて、急いで帰ろう、ほんとに。明るく暖かいうちに。
帰りは追い風気味だったのかやたらといい調子で、35km/h〜
40km/hくらいで普通に走れる。ちょっとした下りこう配だと、
すぐ48km/h〜50km/h近く出る。何か間違ってるんじゃないか?
どうしたんだオレサマ。( ̄ー ̄;;

とはいっても、また小田原の市街地に入ると、信号と渋滞で
平均速度はぐっと落ちる。
そして最後のうちのそばのきついのぼり坂。
ここでは11km/hまで落ちた。相変わらずがっかりな速度だが、
以前は7km/h〜8km/hとかだったので、これでもちょっとは進歩
しているということか…。



<4月7日(火)のサイクリング(真鶴半島)の記録>
走行距離:64.39km
走行時間:2時間27分44秒
平均速度 :26.1km/h
瞬間最高速度 :52.2km/h
平均ケイデンス :77rpm
最高ケイデンス : 249rpm(誤計測)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 :56.8kg, 体脂肪率 :12.4%
          BMI :19.2kg/, 肥満度 :-12.7%
Date: 2009/04/08(水) No.1081
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


昼過ぎサイクリング(タイムトライアル)


画像1枚目、2枚目:いつものコースの途中にある朽ちた軽トラック
タイムトライアルの最中は撮れないので、別のとき、散歩に行った時に
撮った。どうしてこういうのを2台、こういうことにしておくのだろう?


今日は午前中に重要な用を済ませ、午後からサイクリングに行った。
とても天気が良かったので、行きたくなった。
最近では珍しく、お昼過ぎに出るので、いつものコースでのタイム
トライアルはやめて、どこか別のところへ行こうかと思ったのだが
結局時間的なことを考えると(あんまり遠くへ行くと帰りが遅くなる)
やはり、いつものコースでのタイムトライアルだな…となった。
昼間だから交通量が多くて走りにくいだろうからタイムは大して
期待できないな…、そう思いながら出た。

昼食をとって、身支度を整え、タイヤの空気圧チェック/補充をして、
結局、午後2時ころ出発。ずるずる遅くなるし…。

走り出してみると、案外交通量が多くなくて走りやすい。
巡航速度も高めだ。いい感じじゃないか。
途中、秦野の交差点では普通に長い渋滞があり、
やっぱこうなるんだよな、昼間は…。と思う。
こういうのはあきらめるしかない。
路側帯を20km/h前後で注意深く走る。

それまで結構いい感じだったのだが、いちばんの難所
(勾配のきついのぼり坂)の手前で脚がつり始める。
ダメじゃん…。(;´ω`)
騙し騙し走って難所前の信号で、信号一回分休憩。
ちょっと回復。
次の青のタイミングで走り出す。騙し騙し…。
そんな感じでどうにか難所は乗り越えたが、その後の最高速が
出るところではもう足がいっぱいいっぱい。回せない。ダメだ…。
ここで180rpmとか回せたらいいのにな…。

そこを過ぎ、また川沿いのゆるい上りこう配を飛ばす。
案外いい調子。30km/h以上がすぐに出る。
35km/h弱で巡航。
ここでこんなに出せたことあったかな…?
なんか調子がいいんだか悪いんだかわからない。^ー^;

行くときにも通るゴルフ場に向かう道の途中、七国峠という所で
マウンテンバイクっぽいのに乗った女性サイクリストが、自分の
自転車を峠のあずま屋みたいな所において写真を撮っていた。
ブログとかに使うのかな…?などと思いながらその前を通過。
上り坂の途中なので、ハァハァ言いながら通過。(´Д`; ハァハァ
こんな時、口をきりっと閉じてクールにシュパーっと行けたらいいのにな…。
と、変な色気というか、カッコつけたい病が頭をもたげる。
それがもうカッコ良くない。

最後の超激坂(勾配20%程度)を超えれば自宅だ。
脚がつりながらも何とか登る。(´Д`; ハァハァハァハァ
ハァハァのハの前にンが付きそうな感じだ。クルシイ…。

結果は、先週の土曜日よりも1分10秒早かった。
ベストから1分1秒遅れ。
あれ?いいじゃないか。すごく。
つか、何でこんなに良かったんだろう…? (・ー・?
このタイム、去年の8月なみ。絶好調時に近い。

少し前から、3本ローラーをこいでても気がついていたのだが、
パフォーマンスは気温にかなり影響される傾向があるように思う。
これについてはまたいつか書こうかと思う。
とにかく、今日は昼間走って結構いい結果が出て嬉しい。



<4月3日(金)のサイクリング(タイムトライアル)の記録>
走行距離:33.69km
走行時間:1時間16分53秒 (Best:1時間15分52秒)
平均速度 :26.3km/h (Best:26.7km/h)
瞬間最高速度 :58.5km/h -Fr53t×Rr12t (Best:64.8km/h)
平均ケイデンス :76rpm (Best:76rpm 本日更新)
最高ケイデンス : 225(誤計測)rpm -Fr38t×Rr27t (Best:184rpm)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 :56.6kg, 体脂肪率 :12.5%
          BMI :19.1kg/, 肥満度 :-13.2%

Date: 2009/04/03(金) No.1080
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


レコードプレーヤー DENON DP6000


画像1枚目、2枚目ともにDENON DP6000+オリジナルキャビネット


子供の頃からオーディオ機器が好きで良くカタログを集めた。
子供だから、憧れはしても実物を手に入れることなどできなかった。
それが大人になり、ヤフーオークションなどにこの種のものが
いくつか出品されていることを知り、懐かしくなって、興奮しながら
いくつか落札した。これはその一つ。

このターンテーブルのデザインがとても好きだった。
他にも好きなデザインのものはあるが、これはちょっと上品で
モダンな感じがして、それが好みだ。
当時としては性能も抜群。DENONの高級機だもの。

デンオン。
間違ってもデノンなどとは言わない。
死んでも言いたくない。  ( ̄ー ̄;;
このブランド、かつては普通にデンオンといっていた。
それがいつの頃からか、海外での一般的な発音に合わせるとか
何だかの理由で、発音とカタカナ表記をデノンに変えた。
ものすごく違和感があった。
過去の栄光を知るファンには大不評であった。
デノンなんて言えるかちくしょうばかやろぉー!って感じだ。

このレコードプレーヤー(ターンテーブルがキャビネットに収まって
トーンアームが着いたもの)を入手した時点では、キャビネットは
良くある白木のつき板仕上げに、いかにも素人と思しき塗装が
されていて、ややみすぼらしい残念なものだった。 そこで私は
これに加工を施して、よりきれいに、自分好みにすることにした。

方法は、厚さ3mmの透明アクリルの片面に白い焼付塗装処理を
施したものを貼りつける、という簡単なもの。
材料を指定して、腕のいい加工屋(仕事でいつも使う)に依頼した。
簡単な加工といっても、それは慣れた人がやるからで、切り出した
アクリル板の端面の磨き、アクリル同士を接着する際の接着剤の
(そうとはわからないような)きれいな処理など、それなりに難しい
ところがあるので、自分ではやらなかった。餅は餅屋だ。
で、その加工屋の彼もかつてオーディオ少年だったこともあり、
“おおぉ、デンオンじゃないですかぁ…。(^ー^) ”
と、楽しそうに引き受けてくれた。
やっぱデンオンって言うのだ。正しい。^ー^

で、数日後出来上がりましたとの電話をもらうのだが、
その時の彼の言い方が面白かった。
“大津さんの言う通りにやってですね、加工自体は簡単だったん
ですけどね、あのぉ、なんかものすごくいいものが出来たような
気がするんですよぉ。ええ…。”
腕はいいのに、普段はとても控えめで、いいもの作りましたなんて
まず言わない。こんなんでいかがでしょうかぁ…?という感じの彼
なのだが、その彼がそう言うので、ホクホクして受け取りに行った。

はたしてその出来栄えは…、実にすばらしいものだった。
花嫁のようなレコードプレーヤーがそこで私を待っていた。
映り込みを見せる美しい白。アクリルの厚みが効いている。
角の接着も見事だ。さすがである。
こういうものが出来ると、頼んだ方も作った方も気持ちがいい。
想像通りの出来栄えにとても満足して受け取った。^ー^

こうしてものすごく自分好みのレコードプレーヤーを手にした私だが、
実はレコードはほとんど聴いていない。^ー^;
もったいない。実に…。
CDを聞くほうが圧倒的に多いというのもその理由のひとつだが、
基本的にこういう“モノ”が好きなわけだ。単純に。^ー^;;







<4月2日(月)のトレーニング、3本ローラーの記録>
腕立て伏せ :200回  
走行時間:30分09秒、走行距離:27.92km
瞬間最高速度 :93.3km/h -Fr53t×Rr12t (Best:94.4km/h)
平均速度 :55.6km/h (Best:59.9km/h)
最高ケイデンス :221rpm -Fr38t×Rr27t (Best:223rpm)
平均ケイデンス :100rpm (Best:107rpm)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 57.2:kg, 体脂肪率 :11.8%
          BMI :19.3kg/, 肥満度 :-12.3%

Date: 2009/04/02(木) No.1079
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


猫用ヘルメット


画像1枚目:オリジナルグラフィックステム
画像2枚目:ちょっとだけオリジナルグラフィックのサドル
画像3枚目:同ヘルメット
画像4枚目:新開発の猫用ヘルメット


イタリアンデザインのサドル、ステム、ヘルメット等の開発を
行うアッシュ・インスティテュート社では、かねてより開発中の
猫用ヘルメットの実用化にめどがつき、近日中にリリース
する予定だと発表した。

開発責任者、同社クリエイティブディレクターのプリンス・クリオ氏に
よると、“従来のヘルメットとはまるで違う斬新なコンセプトで、
伸縮性良くフィット感は抜群、フレキシブルでどんな頭の形でも問題
無くかぶれる。また非常に軽量で、通気性も良く、意外に保温力も
ある。全く新しい画期的な製品。コストも非常に抑えられる見込み。
超自信作だ。”とのことである。
こんな製品を待っていた方々は多いのではないだろうか。

4枚目の写真、自身でフィッティングテストを行い、満足そうなプリンス・クリオ氏。
興奮気味な同氏の表情が印象的だ。
(最近発見された新種の生き物…ではない。念のため。)





バカ日記にお付き合い下さいましてありがとうございます。m(_ _;m




<3月30日(月)のトレーニング、3本ローラーの記録>
腕立て伏せ :200回  
走行時間:30分10秒、走行距離:27.25km
瞬間最高速度 :90.7km/h -Fr53t×Rr12t (Best:94.4km/h)
平均速度 :54.2km/h (Best:59.9km/h)
最高ケイデンス :213rpm -Fr38t×Rr27t (Best:223rpm)
平均ケイデンス :97rpm (Best:107rpm)
<身体スペック>
身長:172.0cm、体重 57.4:kg, 体脂肪率 :9.8%
          BMI :19.4kg/, 肥満度 :-11.8%

Date: 2009/03/30(月) No.1078
記入者_ASH_INSTITUTE_ [E-Mail]


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND
最新のコメント

■のの さん
by _ASH_INSTITUTE_ at 2009/04/29/20:09:39

話はツクシと関係ない方向..
by ユタカ改め「のの」 at 2009/04/27/23:33:53

■のの さん
by _ASH_INSTITUTE_ at 2009/04/25/17:12:47

大きなツクシですね〜
by ユタカ改め「のの」 at 2009/04/24/00:53:34


+ Site map +

++ Top page ++
032050
[TOP]
shiromuku(u3)DIARY version 2.15