ASH INSTITUTE Blog

ダイソン、吸引力の変わらないただひとつの掃除機…





最近注目されている3Dプリンタだが、これについて感じていること。
3Dプリンタというくらいで、3Dデータさえあれば手軽に立体にできるという点はとてもいいし、
ギヤセットのように複雑に組み合わせられたものまで一度に成形してしまえるというのは、
これまでの製法では考えられないことだ。実にすばらしい。画期的だ。

だが、今のところそこまでのモノだ。悪くは無いが、夢のような機械ではない。
正直なところ成形品のクォリティ、表面の滑らかさが今一で、(いや、今2、今3…)
成形しっぱなしでは、とても面質のチェックなどには使えない。
大なり小なりのガタガタを手仕上げできれいにしないことには、きれいなリフレクションなど
望みようも無い。それを知らずにいいことだけ言って売り込みされても、
こちらが望むものをよくわかっていないというか、なんというか…。
わかっていてあえて伝えないのなら余計たちが悪いし。

ただ、3Dプリンタの価格がすごく下がったことは確か。
今後、クォリティの劇的向上がなされて、また価格の劇的低下がおこれば…、
そうなってやっと今期待されているようなことになるかも、と思う。
私も期待はしているのだが、まるで夢の機械ででもあるかのように
騒ぎたてるのはどうかと思う。
自分のところの商品の弱点をあえてさらすような宣伝は普通しないものだろうが、
それでも、ダイソンの掃除機のような、ほとんど詐欺のようなやり方だけは
しないでほしいと思う。(そこまでひどいプロモーションはしていないと思うが…)
ここで急にダイソンの話になるww

ダイソン、吸引力の変わらないただひとつの掃除機
 = 最初からものすごく吸引力が弱く、それが変わらないだけ。しかも超うるさいww

ダイソンとその他のメーカーの掃除機の吸引力比較テストの結果。 ↓


まぁ事実はどうであれ、あの高価格でも売れてて人気があるというのは、
ダイソンのプロモーション、CMが優秀で良く出来ているということで、
それはそれで企業としては大したものか。 こころざしはともかくww

プロモーションやプレゼンテーションが重要だという事は確かなのだが、
中身とか実力とかがそれにともなわないのはどうかと思う。
個人的には正直カッコ悪いと思う。とても。




ダイソンの真実、みんなに知ってもらいたい…。

2013年08月29日(木) No.675 (オーディオ、家電、インテリア)
Comment(4) Trackback(0)

レコードプレーヤー



高音質で“復権”のレコードが生産数7割増 ビートルズなど続々(産経新聞) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121110-00000513-san-bus_all

そうですか、レコードそんなに作ってたんですか。ちょっと驚き。
やはりおじさん(老人といってもいい)の趣味の市場は手堅いようです。

うちのメインのレコードプレーヤー、DENON DP6700。
(ちなみに今でもこのブランドをデノンとは言えません。多分死ぬまでデンオン。ww )
クォーツロックフォノモーターDP6000を純正積層キャビネットに入れて、
同社の当時の標準的なトーンアームと組み合わせたものですが、
このキャビネットの外まわりに特注でアクリル板を貼ってもらいました。
白くてツヤツヤしたいい仕上がりになって、より気に入っています。
オレンジ系のストロボスコープもきれいです。
もはやレコードを聞くこともほとんど無いのに、リビングに置いて(飾って)楽しんでます。



もう一台はSONY PS4750。吸盤のようなマットがついたターンテーブルが
子供心にやたら未来的でカッコ良く見えて憧れました。あれは中学生の頃か…。
実物は全体的にちょっと安っぽい見映えですが、それでも気に入っています。 
これもヤフオクで中古で入手して、仕事机の隣に置いて(飾って)います。



同じくヤフオクで入手して、ほんの数日間だけうちにあったのが、
Technics SP10Mk3とトーンアームEPA100Mk2、そして純正キャビネットSH10B5。
(左の写真はよそ様のサイトから勝手に拝借しました。すみません。)
この高価なセット(システム価格50万円)は、ある裕福な好事家が希望落札価格:
2万円というウソみたいな破格値の設定で出品していたものを見つけて速攻で落札、
そのまま家に置こうかものすごく迷いましたが…、転売することにして、ww
得意のヤフオクに出品したら、とたんに問い合わせがあって、○○円くらいで即決して
いただけませんか?とのこと。オークションを続けたほうがいいかどうか、また欲が出て
迷いましたが、結局15万だったかで売りました。ww (←濡れ手に…、あぶく… ww )
引き取りに来た業者は、それを30万円以上で店頭販売したようです。スゴイデスネ!

ヤフーオークションにまだ掘り出し物があって、色々楽しめた頃の話です。ww



そして当時究極の憧れ、EMT927Dst。 今でも正直心ひかれますが、さすがに
これは手に入れていません。新品価格も現在の市場価格も浮世離れしたような
価格(多分300万円以上!)で、もう全然手が出ません。ww
それはともかく…、
本質的なところにものすごく余裕を持たせた設計、
機能優先でありながらメカニカルでカッコいいデザイン。
美しいと言ってもいいと思います。
工業デザイナーとして、いつかこういうデザインをしたいと思わせる
すばらしい工業製品のひとつだと思っています。

レコードがもうしばらく生き残ってくれて、こういう機器も好きな人の手元で、
大切に扱われながら残ってくれたらいいなと思います。




ASH INSTITUTE Blog


2012年11月12日(月) No.319 (オーディオ、家電、インテリア)
Comment(4) Trackback(0)


       
   
















ASH INSTITUTE Blog