works_top works_what's_new exterior chassis interior design_process estimate clients works_link_1 company overview Mid ship super sport IF-02RDS
site_map   illust modifying_car product sample movies new   works_link_2    
          bbs_1-log       blog new
personal_top personal_what's_new photo_car photo_airplane photo_cat photo_scene bbs_1 bbs_2 personal_link diary_&_essay blog old
Personal Photo : Cat
Photograph of cats 飼っている猫の写真
本当はウサギ好きで猫は苦手だった女性が、結婚と同時に複数の猫達(全て元ノラ、保護猫)と暮らすことになって…、
そんな日々の生活をつづったブログです。 猫メインですが、猫のほかにもうちに来る野鳥や近所のアヒルやカモ、
景色や花、美味しいもの、楽しいこと…、色々書いてます。 私もツイートや日記のネタにさせてもらっています。
Power by サムネRSS



※以下は古い写真で、個別のページへのリンクとなります(今後、修正予定です)  
Kuro, Momo, Aka, Mitsu 性別:まだ不明 年齢:1歳
2002年4月8日に生まれた子猫達です。母親はSachiko。 父親は(多分)近所の大きな長毛の白黒…。
赤ちゃんのときから、皆さん手足が大きくて、大人になったらかなり大きくなりそう。

この子たちは全員、生後3ヶ月〜半年の間によそ様にもらわれていきました。
       
Sachiko 性別:女 享年:12才(推定)
2001年の初秋、子供一人を連れて始めて現れた母猫。
細身で華奢な体、黒いストッキングと白いパンプスを履いてるみたいな特徴的な前足をしています。
大変賢く、狩りも上手。最初は、なんか怖い顔したねこだなぁ、と思ったのですが、
やたらなついて、しなだれるように抱きついてきてチュッチュ、チュッチュしてくれるものだから、
今では、自分が猫なら、こんな子を嫁にしたいくらいに大好き、になってしまいました。(^ー^)

昨年(2011年)1月、残念ながら亡くなりました。
       
Yuki 性別:女 年齢:12才
2001年の初秋、母猫(三毛猫のSachiko↑)といっしょに現れました。
最初は、あんまりかわいく見えなかったのですが、家に入れてしばらくするとやたら美少女になったような気がします。(←親バカ全開)
1歳になっても、体は小さく、顔も小さかったです。きっと成長期に十分な栄養が取れなかったのではないかと思うと、かわいそうですが、
女の子らしく、小柄で華奢で、とてもかわいいです。下↓のClioのことが大好きで、ずっと片思い。せつない…。
スーパー甘えんぼですが、1歳年下の弟、妹達を、母猫といっしょに、良く面倒を見て、いいお姉さんぶりも見せてくれました。
       
Clio 性別:男 年齢:17才
横浜の緑区郊外のファミリーマート前で夜中に大きなけがをしているところを捕獲。その時で生後半年から7〜8ヶ月と思われる。
ハンサムで声もきれい。ちょっととろいがそれも悪くない。性格は穏やか温厚で人懐こい。どんな人にも受けがいい。
でも猫は嫌い。だから上↑のYukiの想いは いつまでたっても届かない。うぅ…。
時々やらかす嘔吐にはまいるが、それは猫の皆さん多かれ少なかれそうだし、それ以外はほぼ完ぺきなお猫様。
どんな人にも愛想良く接してくれる我が家のおもてなし担当だが、肩書きは弊社クリエイティブディレクター。
まだしばらく一緒にいたいので、長生きしてほしい。
       
Maron 性別:男 年齢:18才
生後1週間前後で他の兄弟たちと小さな段ボールに入れて捨てられていたのを、知人伝いになかば強引に譲り受けさせられた。
当時、ペット禁止のアパート住まいだったため、大家に隠れて飼い始める。(後に上↑のClioも飼う事になり、いよいよ引っ越しを決意)
まだ目もあかず、ミルクを飲むことはおろか、一人ではおしっこさえできないような赤ちゃんだった。苦労して育てる。
目があいた時に最初に見えた動くものは多分私。そのせいか自分のことを猫と認識せずに成長してしまったようで、
普通猫は嫌がるみかんとかでも、私の好物は大体好き。床屋の匂いがマタタビよりも大好き。猫は嫌い。気難しい性格。

高齢のため、最近はほとんど目が見えませんが、そのわりには良く歩き回り普通っぽく暮らしています。


株式会社アッシュインスティテュート
E-mail : ash-institute@a5r.highway.ne.jp