ASH INSTITUTE Blog

クアトロポルテとストラトス



去年の7月、同じクアトロポルテのV8のドライブフィールがどんなものか知りたくて、
横浜のある中古車屋に試乗に行きました。

うちのクアトロポルテはV6で、このシリンダーレイアウトでは基本的に振動を完全には
無くせませんし、この頃のマセラティにバランサーのたぐいの先進技術(今は当たり前)
はありませんから、エンジンマウント等がへたってくると低回転域(アイドリングや信号で
停止した時、それからバックギアに入れた時など)でブルブルするようになります。
うちのはもうそういう症状が出始めていました。

これがV8だと気になる振動など基本的にほとんど出ず、全ての面で上質になるはず
なのですが、このクアトロポルテのV8がまた、絶対数が少ないので、両者を比較する
機会なんてめったにありません。
それで、ここにそのV8があると知って、是非試乗してみたいと思い、行ってきました。

試乗した結果は、V8クアトロポルテは滑らかで静かでマイルド、ややパンチに欠ける。
これが率直な印象でした。
うちのはマフラーも前のオーナーがステンレスのワンオフに換えていて(多分、純正品は
錆びて腐って穴があいて爆音になってしょうがなく…)、それが中間の小型サイレンサー
(サブマフラーともいいます)を省略しているのと、中に詰めたであろうグラスウールが
やせてきているのか、結構うるさいんです。2000回転くらいの常用域でボーボー、ボーボー。
そんなものですから、試乗したV8の滑らかで静かなところはとても魅力的でした。

そのインプレをお店のオーナーに言うと、
“乗り比べられた方は同じことを言われます。でも、踏むとやっぱり速いですよ。
何だかんだ言っても300馬力以上ありますからね。^ー^ ”
とのことでした。まぁ、そうなんでしょう、きっと。

そんなことや、他にも色々とさぐり合いのようにゴニョゴニョお話をしている時、
お店の前に横付けされたのが、このストラトスでした。
この車、大好きな車のひとつです。
レプリカとかではなくて本物です。本物見れて嬉しー!ヽ(*^▽^*)ノ

オーナーの方に写真を撮ってもいいですか?と聞くと、
“どうぞどうぞ、いくらでも、バンバンとってやってください。(^▽^)ノ ”
みたいな感じでとても感じ良くご返事いただけました。
この方は他にデルタなどもお持ちで、大黒パーキングとか、宮ケ瀬ダムなどに
しばしば出かけていらっしゃるようです。

それにしても、この2台の組み合わせ、とても魅力的に見えます。
全然違うジャンルの車ですし、一見、共通するディティールがあるようには見えない
のですが、同じデザイナーということもあって、いい感じに共通の雰囲気を感じますし、
どちらもこのデザイナーの良い面が存分に出ていると思います。
(解説めいたことを書き出すと長くなるのでやめときます…)

趣味性の極めて高いスポーツカーと、普段乗りの端正でカッコいいセダン。
いいなぁ…、こんなの眺めて暮らせたらなぁ…。
問題は、このセダンは普段乗りにするにしてはリスクが高いというか、
ちょっと心配なところがあるので、出来ればもう1台、保険として絶対安心の国産車が
あったほうがいいかな…。(;^ー^)
2012年04月12日(木) No.46 (車(マセラティ・クアトロポルテ、他))
Comment(3) Trackback(0)

この記事へのコメント

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

Name
E-Mail
URL
感想
500文字まで
Icon Icon
投稿キー 投稿キーを右に記入して下さい
Pass

この記事のトラックバックURL

http://ash-institute.cats.st/cgi/diary/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/2012041246
No. PASS

       
   
















ASH INSTITUTE Blog