ASH INSTITUTE Blog

希少カラーのクアトロポルテ



YAHOO!オークション マセラティ クアトロポルテ V6 美車
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d131357718


このクアトロポルテで一番人気の中期型。
色は希少な赤。
冴えないデザインの純正ホイールから交換された18インチホイール。
(普通、合うサイズがなかなか無くて、探すの大変困ります)
カーナビも工夫してほぼ理想的なところにマウントされてるし、
(つけるところが無くて、これも非常に困るもののひとつです)
グローブボックスのしまりも良さそうだし、ww
(ほとんどのものがしまりが悪くて、新車の頃からピッタリ閉じていない)
走行距離少な目で程度良さそう。
それでこの値段!開始価格なんと50万円! ドウダ、オラー!(*^▽^)ノ

でも、インテリアが黒…。(;´ω`)
最初のオーナーは、せっかくこの車買うのに何で黒にしたんでしょう…。
明るいインテリアカラーを嫌がる人がいるのはわかりますが、
このエクステリアカラー(赤:この車はでめったにない)を選んでおいて、何故?
マグノリア(暖色..
続きを読む
2012年07月29日(日) No.159 (車(マセラティ・クアトロポルテ、他))
Comment(4) Trackback(0)

困った時の考え方



仕事の途中で切羽詰まった時や困った時、どうやって切り抜けるか、
その気持ちの切り替え方の事なんですが、

この仕事は自分ではない誰かがやっていて、
その人達が困って困って自分に助けを求めてきた。
それで自分は助っ人としてこの場にいる。
今からこのプロジェクトに参加する、おくれてきた解決屋。

そんなふうに思うと、何だかちょっと気が楽になって、
ちょっと新鮮な気持ちにもなって、またがんばれたりします。

実際今までにそういう場面を何度か経験していて、
そんな場面では、こちらとしては大したことをしているつもりはなくても、
少しでも成果が上がると、そのたびに感謝されて、
こんなことで喜んでくれて、嬉しい。でも、ちょっと悪い気もする…。
などと、恐縮しながらも、気分良く仕事出来たものです。

一人でやってると、困った人も、それを解決してくれる人も
全部自分っていうのがもう…、何ともアレですけど。(;^ー^)ゞ
2012年07月28日(土) No.156 (CG、スケッチ、デジタルモデリング、仕事)
Comment(4) Trackback(0)

日本メーカーのデザイン、輝ける日は来るのか



良いデザインに対価を支払う。
こういうのって文化の一面だと思うのですが、
そういう文化を持つ社会は、良くないデザインのものは存在することさえ
難しいような、クリエイターにとっては厳しい社会でもあると思います。

で、日本はそういう文化ではないように思われます。
いろんな意味であまいというか、曖昧というか。
今でもデザイン料というものは無いもののような扱われ方することありますし…。

そういう日本のメーカーのデザインが、どうすれば“輝ける日”を迎えられるか?

私あたりがあんまり偉そうなこというのはどうかと思うのですが、
単なる個人的な意見として、ちょっと乱暴に言ってしまえば…、
とりあえず日本市場だけ見ていては中々レベルアップしないと思いますので、
海外市場を真剣に見て、ある意味心おきなく、美しい、カッコいいと思える
デザインで勝負するのがいいと思います。
過去のリソースも十分活用して、長いライフスパンに耐えられる完成度の高い
デザインを目指し、それを繰り返します。

海外市場に向けて日本初のデザインだから..
続きを読む
2012年07月27日(金) No.154 (車以外のデザイン、Webデザイン、他)
Comment(0) Trackback(0)

日本メーカーのデザイン、問題の本質



前の日記の冒頭で書いた、
“冷静に考えたら、もともといい時期なんて無かったんじゃないか?”
というのは、工業製品の中でも特に車に関してのみの事なのですが、
これはやっぱりそうだと思います。世界中で売れてると言っても、
日本車のデザインが良くて売れているわけじゃないですから…。

過去の日本車の中には個人的に好きなデザインもいくつかありますが、
それと同時期の世界の車と比べてみると、やっぱりどうにも貧弱というか、
縦横比がおかしかったり、プロポーションのいいものがほとんど無い。

60年代末から70年代にかけてのコンセプトカー(当時はドリームカー)の中には
今見ても驚くような先進的なものがあるのですが、いつまでたってもそういう車は
現れず、もたもたしているうちに21世紀を迎え、かつて夢見た21世紀の車は
どこへ行ったんだろう…などと思っているうちに、後発の韓国、あるいは中国にさえ、
純粋なデザイン(スタイリング)という観点では(好みはともかく)追い越されつつ
あるように感じています。

なぜこうなってしまったんだろう…。<..
続きを読む
2012年07月26日(木) No.152 (車以外のデザイン、Webデザイン、他)
Comment(2) Trackback(0)

日本メーカーのデザインが輝いていた頃



NIKKEY TRENDY netの7月17日の記事で、
日本メーカーのデザインはいつから格好悪くなったのか
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120717-00000004-trendy-ind
というのがあって、それを読んだ時、なぜか反射的に
“冷静に考えたら、もともといい時期なんて無かったんじゃないか?”
と思ってしまいました。それで、twitterとかでそうつぶやいたりもしました。

ですが、更に冷静に考えてみたら、ww ありました。
明らかにいいといえる時期が。
70年代〜80年代のバイクとオーディオです。
バイクは自転車じゃなくてエンジンのあるオートバイ。

バイクはホンダCB750から始まって、カワサキの900Z1あたりは、
完全に世界をリードしていました。性能でもスタイルでも。
カワサキは750SS以降のSSシリーズも良かったですね。
(SSシリーズの最初、500SSの初期型はあまり良くないです。)
本格的な大排気量マルチシリンダーで超高性能、モダンなデザイン、
しかも信頼性、耐久性抜群。
ヤマハとスズキはこの流れに最初の一歩出遅れた感はありましたが、
それでも、..
続きを読む
2012年07月24日(火) No.144 (車以外のデザイン、Webデザイン、他)
Comment(7) Trackback(0)

イチローのヤンキース移籍



イチローのヤンキース移籍、驚きました。
昨シーズンから調子落として、今シーズンもなかなか良くならなくて、
もう前のようにはいかないかもしれないなぁと思っていましたが…、
正直なところ、よくヤンキースはとってくれたなという気がします。

移籍後の最初の試合、今見てるんですけど、
イチロー、ヤンキースでは8番ライトなんですね。
しょうがないでしょうけど、ちょっと悲しい…。
この最強のチームでいい結果が出せなかったら、
いよいよ潮時かもしれないと思うと、もっと悲しい…。

と思ってたら、
初打席に立つイチローにシアトルのファンがスタンディング…、
拍手でサンクスって…、うぅ、泣ける。
その初打席でヒット。バントとかじゃなくてセンター前に綺麗なヒット。
更に盗塁まで決めてるし。ww
初得点とはならなかったのは残念ですが、いいじゃないですか。
とりあえず、今日のところはひと安心です。

イチロー選手の事は野球に関しては文句のつけようがないんですけど、
インタビューの受け答えや、色々なコメントで、なんていうか、
偉そう..
続きを読む
2012年07月24日(火) No.143 (モーターショー、ニュース、レース、その他)

セミの羽化




家内のブログでも書かれているのですが、
http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/6fbaf3adda4310adbcf63187a9058f88 
うちの敷地内の低い木(ドラセナみたいなのでアツバキミガヨランというそうです。
勝手に生えてきてるやつなので、自分ではあまりよくわかっていません。ww )
でセミが羽化していました。

体は全体的に白っぽく、目だけ黒くてかわいいです。つぶらな瞳です。ww
そして何より、半透明な羽根と、エメラルドグリーンのような筋が
美しいことこの上ないです。
出来ることなら、茶色になる前のこの状態でずっといてほしいものです。
(アブラゼミなので、成虫は茶色系です。)

いなかに生まれ育って、今もいなかに暮らしている私ですが、
セミの羽化は生まれて初めて見ました。
子供のころから見たかったので、こんなにじっくりと見れて嬉しいです。
見つけてくれた家内の感謝です。

2012年07月23日(月) No.140 (猫、動物、蝶、風景、写真)
Comment(2) Trackback(0)

大津のスーパーシュート




U−23日本代表、大津の強烈ボレー弾でメキシコに勝利
http://london.yahoo.co.jp/news/detail/20120722-00000301-soccerk

大津のシュート、すばらしくカッコ良かった。
同じ名前なのが、ちょっと嬉しい。

いじめ事件の地名でうんざりしてたので…。 

2012年07月22日(日) No.139 (モーターショー、ニュース、レース、その他)
Comment(0) Trackback(0)

迷惑メール、一昨日よりは少ないが




昨日の迷惑メールは83通。
一昨日よりは少ないですけど、週末多いことに変わりないです。

ふぅ…。
2012年07月22日(日) No.138 (車(マセラティ・クアトロポルテ、他))
Comment(0) Trackback(0)

週末は迷惑メールが増える




昨日の迷惑メール、94通。週末は増えるんだな。
平日ここ何日かの約2倍だ。

頼むから何か別の建設的なことにそのエネルギーを使ってくれ。

2012年07月21日(土) No.137 (車(マセラティ・クアトロポルテ、他))
Comment(0) Trackback(0)

横長ナンバー見送りに… がっかり





横長ナンバー見送りに…賛成189件・反対208件、国交省が最終報告
http://car.jp.msn.com/news/society/article.aspx?cp-documentid=250366526

7月19日、自動車のナンバープレートで横長のデザイン案を検討していた、
国土交通省のナンバープレートのあり方に関する懇談会が最終報告案を
提出した。最終報告案では、抵抗感を感じる国民が少なくないとし、
今回は見送るべきと判断された。

今年3月にまとめた中間報告では、自動車のナンバープレートを
海外のように横長のデザインとする案を示してパブリックコメントを
実施したところ、ナンバーの形状に関する意見が418件寄せられ、
このうち賛成が189件、反対が208件と反対が上回った。

このため最終報告案では、「現時点では形状を見直すだけの正当性や
メリットを十分には説明できていない」と指摘し、中長期的な検討事項
として引き続き検討していくこととされた。

ナンバーを横長にすることについては、自動車ユーザーから
「スタイリッシュだ」と賛成意見もあったが、車両の設計変更や駐車場..

不思議な会社



どうしてこの会社は成り立っているんだろう?
正直、そう思う会社が以前いくつかありました。

フカシというか売り込みが上手で、えらそうなことを言いいますが、
そのわりに、アウトプットのクォリティは全然大したことなくて、
言い訳みたいなことには熱心で、値段は安くないというか、むしろ高い。
“これじゃぁ、もしも自分がクライアントだったら、2度目の発注はしないな。”
失礼ながらそんなふうに思えてしまうような内容です。

それなのに、次の受注もあって、また次もあって…、
なんだかよくわかりませんが会社が続いている。
それどころか、中にはちょっと信じられないような規模の新社屋を建てて、
立派な設備を一気に備えてしまうようなところまであって、
もうさっぱり理解の範囲を超えている、そんな会社さえありました。

そういうところから依頼されて、外注として仕事を請け負うこともありましたから
“まぁ、ああいうやり方で仕事をとってくるところがあるから、自分の仕事が
成り立っているという面もあるしな…。変なこと考えるのは余計なお世話だな。”..
続きを読む
2012年07月18日(水) No.134 (CG、スケッチ、デジタルモデリング、仕事)
Comment(0) Trackback(0)

次期アルファ ロメオ・スパイダー



5月頃のニュースで次期アルファ ロメオ・スパイダーと次期マツダ・ロードスターが
共同開発される云々…というのを見たんですが、ロードスターのほうはともかく、
アルファのほうは、私がすごく気に入ったコンセプトカー:2uettottanta(ドゥエットッタンタ
2010年ジュネーブショーで発表)の市販版になる可能性が高くなったということの
ようですのでとても楽しみです。

イタルデザインも悪くはないですが、ピニンファリーナ独特の上品なセンスの良さは
他に代え難いものがあって、このコンセプトカーではそれが久しぶりに感じられて
非常に好感が持てました。

こんなにコンパクトで、しかも私があまり好きではないオープンなのに、ww
こんなに魅力的。すばらしいです。
うんと能力の高い人が腕をふるったんだな、という感じがします。

3枚目の画像はベストカーだったかの予想イラストで、青いほうがロードスター、
赤いのがアルファ・スパイダー。

4枚目は現行ロードスターですが、比べると、やっぱりちょっと…、残念…。

2012年07月17日(火) No.132 (車(マセラティ・クアトロポルテ、他))
Comment(2) Trackback(0)

ルーフ検討中



ルーフの扱いをどうするか、気の思いついたアイディアを展開中に、
プランビューを眺めていてフロントフェンダーに関するあるアイディアが浮かぶ。
これはいいかもしれない。あんまり(というか全くと言っていいが)見たことないし、
合理的で、雰囲気もいいんじゃないかと思う。
ルーフはともかくここはきっと喜んでもらえるだろう。

肝心のルーフの扱いは、ドアの開閉方法でつまづく…。
こういう車だから、ダブルアクションでも許容してもらえるか、うまくすれば
雰囲気を盛り上げるプロセスとして好感を持ってもらえる…なんてことはないか。
やっぱり無理があるか…。

昨日の視野の問題は今日は感じないが、手の痛さは相変わらず。
もう少し考えたら寝よう。

2012年07月15日(日) No.131 (ミッドシップ スーパースポーツ IF-02RDS)
Comment(0) Trackback(0)

迷惑メールの数 7月14日分



昨日の迷惑メールは47通か。一昨日からは微増。
この半分以下にしたいな。
2012年07月15日(日) No.130 (車以外のデザイン、Webデザイン、他)
Comment(0) Trackback(0)

迷惑メールの数 7月13日分



完全なる迷惑メール、一昨日7月13日の1日で44通。
以前より減ってる。

2012年07月15日(日) No.129 (車以外のデザイン、Webデザイン、他)
Comment(0) Trackback(0)

ガラスの見積もりが高い



やっと出てきたフロントウインドー用の合わせガラスの見積りが高いです。
予想の約2倍くらい。
しかも成形品の単価もうんと高い。
製法は従来取りの重力式だし、成形型などに関してはしょうがないにしても、
成形品の製品単価が高いのは色々ときついです…。

見積りにこれまでに見たことのない項目もあって、それも結構な金額なので、
この新たな項目の件も含めて、全般的に内容を先方に聞いてみると…、
まぁ色々あるのですが、要は以前私が取引していた頃の価格が安すぎて、
どうにも商売にならないくらいなので、もうそういうことにならないように
安全をみて、新たな項目まで追加して、こんな数字にしているように思われます。
ううむ…。
ちなみに、以前私がよく相手をしてもらっていた担当者は、安請け合いして
あとで会社が困らないように見積り禁止にされているらしいです。ww

この元担当者、もう停年をとっくに過ぎている年輩の方なのですが、
ある意味クライアントからの信頼が厚くてまだ仕事しています。
性格的に非常に癖があってとっつきにくく、経験が少ないう..
続きを読む
2012年07月13日(金) No.128 (ミッドシップ スーパースポーツ IF-02RDS)
Comment(0) Trackback(0)

やはり本命はクローズドか



先日のオープンタイプに対抗する案のひとつとしてクローズドボディのスケッチを描いていて、
やっと納得できそうなものにまとまってきて…、こうなると、やっぱり本命はクローズドかな
という気持ちになったり。 正直、描くたびごとに揺れています。

同時にプロジェクト全般についても色々考えるのですが…、
ちゃんとしたものを作ると言っても、プロトタイプ1号車としては、必ずしもライセンスプレートを
つけて公道を走れるようにする必要はないんじゃないか。

それ(公道走行)が可能になるであろう事を自然に予想させるに十分なアピアランスを
持っていて、基本運動性能が優れていて、尚且つ仮想ライバル車達に対する決定的な
技術的アドバンテージがあれば、そしてそれを特定の場所(具体的にはサーキット)で
証明できれば、色々な意味で注目を集められるだろうから、それで1号車としては目的達成
といえるのではないか。

その後、2号車以降で登録のための諸条件を整え、並行して製造計画も具体的なものに
していくのが、現実的なプランではないか。

だとすれば、お..
続きを読む
2012年07月10日(火) No.125 (ミッドシップ スーパースポーツ IF-02RDS)
Comment(2) Trackback(0)

聞きちがいと勘ちがい




ヨメ :アタマガイタイ

オレサマ:え、カマイタチ?

ヨメ :頭が痛い。

オレサマ:あぁ、頭が痛いの、そう。それはかわいそうだけど、カマイタチじゃなくて良かった。

ヨメ :カマイタチはこの辺にいないよ。

オレサマ:え、カマイタチはいないって…。ヨメちゃん、カマイタチ知ってるの?

ヨメ :うん、小さい子供がさらわれたりするやつでしょ。

オレサマ:え?(;`・ェ・)

ヨメ :(`・ェ・)

オレサマ:えっと、それはカミカクシじゃない?

ヨメ :あ、そうだ、神隠しだ。カマイタチは切られるやつかぁ。(〃^∇^)ノ

オレサマ:(*^ー^;)ノ
 
 
2012年07月09日(月) No.124 (猫、動物、蝶、風景、写真)

素材感を喪失させるくらいの



先日、朝一の電話相談を受けたちょっとショックな内容。
さぁ手どうしたものか…、車でも洗って考えよう…。
そんな感じでお昼前に洗車しました。

洗車するたび思うのですが、この車1998年式ですから、もう新しくも何ともない、
むしろ古めの車なわけですが、ちょっと汚れが落ちると、とてもきれいに見えて
何だか得した気分です。(←いつものオメデタイ状況…)
この車が納車されて、初めて見た家内も、年式から想像してもっと古いのを
イメージしてたけど、案外新しく見えると言っていましたので、こういう感想を
持つのは、多分私だけではないと思います。

全体的にわかりやすいプロポーション、縦横比、
ガラスを含めたそれぞれの面が持つ曲率と傾斜が適切、
凝った造形のほとんど無いシンプルな構成、
メッキパーツがあまり使われていない、
各部の角Rが統一されていてやや大きめ…、
などと、思いつく事をいくつか並べてみたりしながら洗います。

ボディパネルは普通に0.7mm程度のプレス鋼板なはずですが、
見た目の質感としては良く出来た滑らかな樹脂とか..
続きを読む
2012年07月09日(月) No.121 (車(マセラティ・クアトロポルテ、他))
Comment(2) Trackback(0)

オープンカーに対する認識をあらためて



私はオープンカーがあまり好きではないのですが、比較的最近発表された、
これらの写真のものはいいなと思います。
シートのヘッドレストの後ろの造形がいいんだと思います。
サイドビューで見ると、これがルーフの延長のように見えます。
これがあることによって、フロントウインドーとの関係が(ルーフが無くても)イメージ
されて、全体的にまとまり良く、ある意味安心して見れるのだと思います。

こうでない普通のオープンは、ルーフとそれにつながるピラー類が無いので、
どうにも…、あるべき重要な要素がごっそり抜けてるように思えて、
自分としては納得がいかないんですね。
せっかくのルーフラインが、…無い。
これじゃデザインぶち壊しじゃないか…。( -`_´-) …
などと思ってしまうんです。

それで、冒頭のヘッドレストの後ろの造形が、仮想ルーフラインとでもいうものを
イメージさせてくれると、これがかなり改善されるわけです。自分の中で。

それで今、ややストイックで理想主義的なスポーツカーの開発に関わり始めていて、
これらのことを認識しつつ..
続きを読む
2012年07月08日(日) No.116 (CG、スケッチ、デジタルモデリング、仕事)
Comment(4) Trackback(0)

1%のひらめき



本日の見積もり、ウインドーグラスの成形費用が思いのほか高くつきそうで、
あまりよろしくない。
試作ウインドーグラスの成形は、大きな炉の中に人間が入って行う作業があって、
外部からは手出ししにくい領域となっていて費用を削りにくい工程です。
マスターではなくて成形型をオス/メスともにこちらで作って渡すか…。
何をするにしても、色々工夫しないといけないのは間違いないです。ううむ…。

最近知ったことで、ああやっぱりそうだったのかと思ったことがります。
エジソンの言葉、“天才とは?”という例のあれ、実際はこういうことらしいです。↓

トーマス・エジソン(Wikipedia) 「天才は1%のひらめきと99%の汗」の真意
 エジソンは自身を自然界のメッセージを受け取る受信機に例えるほどひらめきを
重視していた。
「天才は1%のひらめきと99%の汗」 (Genius is one percent inspiration and 99 percent
perspiration.) という有名な発言がある。
これは「インスピレイション」(ひらめき、霊感)と「パースピ..

中国に来てくれませんか



栃木出張からの帰り、あと数分で家に着く、という時に携帯に国際電話。
何年か前に何件か仕事を依頼してくれたことのある方からでした。
運転中なので一旦切って、家に着いてしばらくした頃にまたかけてもらいました。

彼は今中国にいて、彼の地のメーカーのデザイン室で仕事をしているのだそうで、
(そのメーカーの社員という事ではなくて外部のデザイン会社として)
そこに手伝いに来てもらえないかとのことでした。
幸か不幸か、今私自身は動けませんので、他に行けそうな人にあたってみて、
結果がどうあれ後日メールで報告します、ということにしましたが、
前の仕事で印象が良かったからという事でこんなふうにお誘いをいただけるのは
大変嬉しいことです。

それで、ご無沙汰しております云々…、国際的にご活躍なさっていてすごいですね、
などと言っていたら、彼曰く、
“いや、日本で仕事出来ればそのほうがいいですよ。
仕事があって、それを自宅でできるなんて最高じゃないですか。
私も家にいたいですよ…。”

半分以上はご挨拶というか、何というか…だと..
続きを読む
2012年07月04日(水) No.114 (猫、動物、蝶、風景、写真)
Comment(0) Trackback(0)

クアトロポルテの燃費



最近2回の給油で計算してみたクアトロポルテの燃費。

 走行距離:461km 給油量:58.45L → 燃費:7.9km/L

 走行距離:455km 給油量:56.82L → 燃費:8.0km/L

1回目はあまり渋滞とかの無い一般道主体。
2回めのは主に昨日の出張(栃木県)での走行。首都高での10数kmの渋滞を含んでいます。

今時、こんな燃費でいいのかっていう感じですが、この車としてはこれでいいほうです。w
朝の通勤ラッシュ時間帯に平塚あたりを走ってた頃は5km/L台なんてこともザラでしたから。ww

4枚目の写真は2年前、この車で初めて実家に帰省した時のもの。
今回の墓参りは家内の三菱i(アイ)で行きました。
途中で家内が運転を代わってくれるというので、慣れたiで。
マセラティを運転するのは、やっぱりちょっとアレだそうですので。ww


  
2012年07月03日(火) No.112 (車(マセラティ・クアトロポルテ、他))
Comment(0) Trackback(0)

新潟の実家で墓参り



昨日の土曜日、早朝5:00に大磯の自宅を出発して、新潟県南魚沼市の実家へ
母親の墓参りに行ってきました。母親が他界したのは2009年6月30日。
もう3年が経ちます。

墓地は実家の近くの田んぼの中、ごく小さなものです。
黒いのが実家のもの、左のグレーのものは父親のお姉さんが嫁いだ先の家もので、
この叔母も今年春に亡くなりました。

右隣りには昔実家で看とった名も知らない方の墓が二つ。
どんな理由があったのか、ふるさとを離れ、帰ることもできないまま亡くなってしまう、
そんな気の毒な方が昔はめずらしくなく、こんなふうにお墓を建ててあげたのだそうです。

そしてさらにその右には実家でかわいがっていたシバ犬、はなの墓。
結構立派なお墓です。愛されて大事にされていたんでしょうね。 

緑が美しいこの時期の田んぼ。
まだおたまじゃくしがたくさんいて、大人と同じ姿になったばかりのカエルもたくさんいました。
畔の草の中にいると完全な保護色で全然わかりませんが、
近づくと、びっくりしてピョンピョンはねてみんなで田んぼの水の中に避難します..
続きを読む
2012年07月01日(日) No.110 (猫、動物、蝶、風景、写真)
Comment(2) Trackback(0)


       
   
















ASH INSTITUTE Blog