ASH INSTITUTE Blog

Maserati Alfieri Concept - Gineva 2014





http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index/maserati/news-events/2014/20140306_2.html

“2014年3月5日 ジュネーブ発― マセラティの創業100周年を記念する2+2コンセプトカー
「マセラティ アルフィエーリ(Maserati Alfieri)」がジュネーブモーターショーでワールドプレミアを
飾りました。
スリリングでいてリアリティにあふれる最新モデル「アルフィエーリ」は、マセラティの未来像を
形作るデザインDNAを余すところなく表現しています。プロトタイプでありながら100%走行可能な
このコンセプトカーは、まさにマセラティの未来へつながる扉とも言うべきモデルです。

1世紀前、ボローニャで現在のマセラティ社の礎となる「オフィチーネ・アルフィエーリ・マセラティ」を
設立した、マセラティ兄弟の中でも最も著名なエンジニアの天才、アルフィエーリの名前を冠した
最新作「アルフィエーリ」は、トリノの「マセラティ・スタイル・センター」において、マルコ・テンコーネ
率いる有能な若手デザイナーの精鋭チームによって開発されました。このプロジェクトリーダーは、
ロレンツォ・ラマチョッティです… ”




とのことで、少し前に発表されたモデルで、そのうちとりあげようと思っていたのですが、
本家サイトの掲示板(BBS-1)のほうでも話題にあがっていましたので、ここらへんで…。

  BBS-1:http://ash-institute.cats.st/frame_bbs1_car_styling_design.htm

個人的には現行ラインナップのどれよりもいいと思います。
リヤビューはちょっとLFAっぽい処理。担当デザイナーもLFAのリヤいいなぁと思ったのかな。
こういうのは、参考にしてもいいと思ますが(真似し過ぎはダメという人も多いし、それもわかりますが)、
するなら元のよりカッコ良くないといけないと思うんですよね。
で、これの場合、似た感じがするけど、LFAのリヤほどは魅力的には見えない…。ちょっと残念です。
でも顔つきはこっちがずっといいです。ちょっとガンダムチックでいただけない…という意見も
あるようですが、今のマセラティとしての雰囲気も持っているし、フェラーリの一連などよりも
ずっと良くまとまっていて魅力的だと思います。リヤが超魅力的なLFAの顔よりよっぽどいいです。
LFAの顔は、あれは正直ひどいと思います…。



もうひとつ、この車で目を引いたのがこの繊細なデザインのホイール。
このごく細いスポーク状のものが強度や何かしら技術的な意味を持つようにはとても思えませんが、
単純に造作として魅力的で惹かれます。パッと見、切削で作られているようで、これを量産版で
反映するかどうかは何とも言えないと思いますが、コンセプトカーならではの美しいディティールで、
これはこれでいいなと思いました。





クアトロポルテもこの方向でより洗練させたらまた好きになれるかな…。
2014年06月21日(土) No.1613 (モーターショー、ニュース、レース、その他)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

Name
E-Mail
URL
感想
500文字まで
Icon Icon
投稿キー 投稿キーを右に記入して下さい
Pass

この記事のトラックバックURL

http://ash-institute.cats.st/cgi/diary/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201406211613
No. PASS

       
   
















ASH INSTITUTE Blog