ASH INSTITUTE Blog

カーボンホイール




Autoblog 日本版
【人とくるまのテクノロジー展2014】東レが4割軽い!フルカーボン製ホイールの試作品を出展
http://jp.autoblog.com/2014/06/02/2014-toray-cfrp-yokohama-technology/#continued

やっぱり最初は小径でこういうデザインか…。
俯瞰気味のアングルで見えるホール部の端面から肉厚もかなりありそう。
金属の鍛造品のような大径で細いスポーク状のものは望みにくいわけだな、やっぱり。
もしかしたら何か使用目的が決まっていてそれに合わせたサイズ、デザインなのかもしれないが、
それにしても、このそっけない鉄ホイールみたいなデザインはもう少し何とかならなかったのか。 
東レ、カーボンマジック社がこういうデザインとサイズの試作品を展示しているという事は、
まだ色々難しい点があるということなのかな…、そう思ってしまう。

海外では、ケーニグセグとかBMWとか、いくつかのメーカーからわずかながら出始めてはいるし、
より軽量で負荷の少ない2輪用はずっと先行しているが、4輪用はまだ最適な断面形状等の
試行錯誤が必要に思うし、信頼性に関しての不安がついてまわる。



Car Watch
[画像]【東京オートサロン2014】さらに強く、もっと軽く、スポーツホイールの進化が止まらない!
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/630/485/html/21.jpg.html

こちらは三菱レーヨンとエンケイが共同で開発、発表したアルミとカーボンを組み合わせたもの。
まぁどう見ても、カーボンの特性が活きて軽量高剛性になっているようには見えないが、
見た目だけなら大変好み。繊細でシャープ、ある種エレガントな感じがとてもいい。
ただ、車と合わせた時に魅力的に見えるかどうかは何とも言えない。
色々な意味で飾っておくだけなら文句ないがw



それにしても、リムのタイヤを装着する側の面にディンプル加工がしてあるのは何の為だろう?
こんな加工、すごく手間がかかりそうに思えるが…。





カーボンホイール、期待はするが、基本的に恐い気がしてどうも…。
2014年06月06日(金) No.1611 (モーターショー、ニュース、レース、その他)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

Name
E-Mail
URL
感想
500文字まで
Icon Icon
投稿キー 投稿キーを右に記入して下さい
Pass

この記事のトラックバックURL

http://ash-institute.cats.st/cgi/diary/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201406061611
No. PASS

       
   
















ASH INSTITUTE Blog