ASH INSTITUTE Blog

フィット用 無限カーボン製アッパーウイング




ホンダ フィット用 無限エアロパーツ
http://www.mugen-power.com/automobile/products/fit/parts/

標準のテールゲートスポイラーに被せて装着するタイプの、リップスポイラー的な、
ウイング機能の拡張版とでもいうようなエアロパーツ。材質は綾織りのドライカーボン。
(写真は今年1月、招待券をいただいて行った東京オートサロンで撮影)

この種のカーボンパーツの多くはノーマル部品にかぶせるだけの単なるカバー、まったく
見た目だけのファッションパーツも多く、カーボンの柄を特別いいとも思わない私としては
どれもあまり魅力的には思わないのだが、これは別。



ガーニーフラップをややマイルドにしたような、ちゃんと機能しそうな形がいい。
成形用のバルーンを仕込むのにギリギリの大きさであろう先端のシャープな断面形状。
このシャープなディティールがあって初めてノーマルのスポイラーというかウイングが
魅力的に見えてくる。デザイナーのセンスを感じる。

取り付けも、よくある強力な両面テープだけではなく、主要パーツが3分割されていて、
それぞれがノーマルウイングに仕込まれたナットにボルト結合される安心設計。
そのボルトの頭を隠すためだけに小さなカバーを別体で作るという凝りようというか丁寧さ。
担当デザイナーのセンスと共にメーカーとしての良識を感じる。

本体のフィット自体のデザインは正直なところそれほど好みではないのだが、
別の車種、シビックなど、よりスポーティーでスタイリッシュなモデル用のパーツで、
またこのデザイナーのいい仕事を見せてほしい。






薄く作れて軽量高剛性、こういう使い方をしてこそのドライカーボン。

2014年05月14日(水) No.1593 (モーターショー、ニュース、レース、その他)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

Name
E-Mail
URL
感想
500文字まで
Icon Icon
投稿キー 投稿キーを右に記入して下さい
Pass

この記事のトラックバックURL

http://ash-institute.cats.st/cgi/diary/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201405141593
No. PASS

       
   
















ASH INSTITUTE Blog